M&M Tuning Car

シビック東西対抗チューナーズバトル in SUZUKA

アイハートホンダ

 

2010 in SUZUKA

 

シビック東西対抗

チューナーズバトル

 

gallery_fd2_05

 

ホンダの聖地に降り立った、

M&M HONDA 

CIVIC FD2 タイプR

 

gallery_fd2_08

 

 

 


gallery_fd2_06
 

 


gallery_fd2_01
  

 

gallery_fd2_02

 

gallery_fd2_04

 

ボディカーラーリングを一新したものの、エンジンは時間が無くノーマルのままで、スポーツインジェクションとハイカム、ヘッドチューニングで武装し、軽量無しのラジアルタイヤで鈴鹿でのセッティング無しのぶっつけ本番でどこまで行けるか。

 

gallery_fd2_03

 

gallery_fd2_09 

 

鈴鹿のデーターも無いままで、ギア比、足回り、ECUのデーターはオートポリスの2分9秒中盤のテスト走行タイムのセッティングのままで調整不足。


 
gallery_fd2_16

 

gallery_fd2_10

 

  

FD2をドライブしていただく、レーシングドライバーは、元F1ドライバー、スーパーGT「オートバックスレーシングチームアグリ」で今年HONDAのHSVを駆る井出有治選手です

 

gallery_fd2_11

 

gallery_fd2_17 

 

周回を重ねピットイン、3速の7,000回転域でのミスファイヤーでこの回転域は使用できず、早めのシフトアップで対処との事!レブリミットは8,800回転に設定。フロントタイヤの空気圧を調整し再度アタック!予選0.3秒落ちの2番手のタイムを出して予選終了。

 

 gallery_fd2_15

 

gallery_fd2_18

 

決勝では、逆ポールで、後ろから2番目のポジションからスタート!決勝の模様は、DVDでお楽しみ下さい。

gallery_fd2_13

 

gallery_fd2_22

 

gallery_fd2_23

 

gallery_fd2_21